美味しく飲める青汁ならレモン青汁

とにかく、野菜を食べるのが苦手な私。

でも、妊娠を機に、このままじゃ赤ちゃんが必要な栄養がまったく摂れないと一念発起して、青汁を飲む決心をしました。

青汁なら、毎日の健康のために必要な成分がしっかりと入っているし、バランスも良いから便利だな!と甘い考えでした。

というのも、青汁がまさかあんなに美味しくないとは・・・・

味を感じないように、一気飲みをしてみたり、匂いをかがないように息を止めてみたりもしました。

牛乳と混ぜて飲むといいとかジュースと混ぜるといいというのも試したけど、青臭さは消えません。

他の青汁なら平気かもといろんな会社が発売している青汁を飲んではみたものの、やっぱり1杯飲むのが精一杯。

野菜が食べられないのに、あんなに青臭い青汁が飲める訳がなかったんです。

サプリを飲むというのも考えましたが、栄養はバランスが大事ですよね。

やっぱり体にダイレクトに効果があるものがいいので、どうしても青汁が飲みたいと探しまくったら、やっと見つけたのがレモン青汁です。

青汁にレモン?とちょっと意外でしたが、> クチコミを見てみると子供でも美味しく飲めるとのこと。

これなら、お腹の中の子供でも美味しいって感じてくれそうだし、送料無料だから普通にお店で買うのと同じ価格で買えることもあって、まずは購入してみようと思ったんです。

栄養成分を壊さない製法で作られてるから、体に直接栄養が入っていきます

レモン青汁は、無農薬、無化学肥料で特別に契約している農家のケールしか使っていない、というのもポイント。

私の体を通って農薬が赤ちゃんの体に入っていくなんて怖すぎるけど、無農薬なら安心して飲むことが出来ます。

ケールには、妊婦に必須の葉酸がキャベツの1.5倍、ルテインはほうれん草の2倍、カルシウムは牛乳の2倍と、栄養バランスだけじゃなく、含有量も完璧な野菜です。

しかも、加熱処理をすると壊れやすい酵素やビタミンなどの成分が失われないように、スプレードライ製法という方法で作られてるから、栄養がそのままレモン青汁に残っています。

また、食物繊維を破砕してから、食物繊維の細胞壁にある栄養素を搾り取るから、体にぐんぐん吸収されやすくなっているんです。

後は、味が私でも飲めるということが肝心。

見た目は、他の青汁と一緒で、野菜の青さが際立ってます。

こわごわですが、一口飲んでみたら・・・まったく青臭さがありません!

ちょっとコクのあるレモンジュースみたいな感じで、今まで飲んだ青汁とはまったく違う!

普通に、あっという間に1杯飲めちゃったんです。

クチコミに、りんごジュースやグレープフルーツジュースと混ぜて飲むと美味しい、って書いてあったので、それも挑戦してみました。

グレープフルーツジュースだと、ちょっと柑橘系が強すぎて苦手ですが、りんごジュースと混ぜたら、さっぱりとした甘さの中に酸味が効いてとっても美味しく飲めました。

これなら、私でもずっと続けて飲めます。

赤ちゃんにもちゃんと栄養を届けられるし、便通も快調になっていいことづくめです!

FXをわかりやすく解説